メールやラインが多く使われている世の中ですが、電話というものもいいものです。上手く利用してみましょう。

電話を使い気持ちを伝えよう
電話を使い気持ちを伝えよう

電話を使い気持ちを伝えよう

最近で電話を使いますか?今はメールやラインなどでメッセージをおくることがとても多くなりました。たしかにメールというものは相手に気にせず送ることができますし、言葉でいろいろな連絡な気持ちを伝えることができます。そして、ラインではスタンプなどもあり、とてもメッセージのやりとりがおもしろくなってきました。しかし、気持ちを伝えるには電話という手段もいいものです。相手の声が聞こえますので、とても気持ちや態度などが伝わります。しかし、相手のことを気にして、かける時間などに困るという人も多くいるかもしれません。しかし、メールと同じようにかけたことは履歴にのこりますので、1度だめでしたら待ってみましょう。

電話をもらうとけっこう嬉しいものですよ。たしかに、メールにもいいところもたくさんあります。しかし、気持ちのめんでしたら少し難しいかもしれません。気持ちを込めてうったとしてもそれに絵文字などが一切なかったら、相手にとっては怒っているのかもと勘違いする人もいます。言葉を相手に伝えるということはなかなか難しいことかもしれません。そして、言い方もとても大切なものです。しかし、どちらにせよ相手の立場になり思いやりの心をどんなときにも忘れないことです。もし、落ち込んでいた人がいましたら、久しぶりにかけてみたりしたら悩みを聞きだせたりするかもしれません。メールだと長い文書はめんどくさいですよね。やはり声を聞くことは大切なことかもしれません。

また緊急時の通報等の特殊な通話に対応していない場合や、利用することができいない電話番号がある場合もあります。まだまだ技術が発展途上でもあり、標準化がまだ十分でない点もデメリットでしょうか。それでも最近は、プロバイダフリーのIP電話も多く登場してきており、どのプロバイダでも利用することができるIP電話のサービスも増えてきました。ビジネスシーンで応用ができる機会も今後増えていくことでしょう。